FX取引で2010年にレバレッジの規制が入りました!

多くの人に親しまれているFXは、情報が大事な取引です。
様々な情報が交錯することで、為替の変動も起こっていくので、情報収集には力を入れておくべきでしょう。
しかし、そのレバレッジにも2010年以降規制が入っているので、注意しておく必要があります。
また、2011年には、証拠金4%以上という決まりになっています。
つまり、現段階では、レバレッジが25倍程度に規制されていることになるでしょう。
スワップポイント狙いでFX取引をしている人や長期投資を行っている人は、さほどレバレッジ規制について心配することはありません。
スイングトレードで行っている人も、20倍のレバレッジでも十分な取引ができるはずです。
このレバレッジ規制で影響を受けるのは、デイトレードを行っている人でしょう。
初心者には、レバレッジ規制はそんなに大きな影響はないので、安心して挑戦してみてはいかがでしょうか。