住宅ローンの返済比率とは?

「返済比率は年収の25%」とは、なかば業界の常識として語られる言葉です。
住宅ローンを借りる場合、この返済比率に頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。
例えば、年収600万円前後の一般的なサラリーマンで考えると、年収の25%はボーナスも含めて役10万円前後。
月々の収入が30万円ちょっとだとすると、ローンを差し引いた20万円ちょっとで生活をしなければいけないのです。
夫婦2人暮らしなら問題ない金額でしょうが、もしも子どもがいた場合はそこから教育費や貯金を捻出しなければいけません。
ただし、業界のセオリーとして25%といわれる昨今では、これ以下の返済比率だと審査が通らないこともありえます。
無理の無い比率にすることはもっともですが、よく考えて審査の申し込みをしなくてはいけません。