インターネット回線が遅くなる理由とは?

インターネット回線が遅くなる理由は回線によって違ってきますが、ケーブルを使わない無線通信の場合には、電磁波による影響を受けることがあります。
また、マンションタイプなど、一つの回線を分けて使っている場合にも混み具合によって速度が出ないことがあります。
こうした端末側に直結する部分での障害によって回線が遅くなる場合もありますが、サーバー側の問題によって回線が遅くなることもあります。
接続サービスを受けもつプロバイダによって、サーバーの能力が十分ではない場合や、アクセスが集中してしまった場合などです。
こうした理由が当てはまらない場合には、ウィルスの感染なども考えられるのでチェックしましょう。
PCの場合は、アドオンプログラムやメモリ不足のこともあります。